妊婦さんがお灸をする場所
ホーム > おすすめ記事

妊婦さんがお灸をする場所

2012年11月11日(日)7:10 PM

 

● 妊婦さん(6か月~)が自宅でする場所

 

妊娠6か月からの妊婦さんが、逆子などの悩みを解決する時に使うツボです

お産の当日まで使います

昔から使われている安全なツボです

そして私が19年妊婦さんの治療を続けてきて確かに効果を実感しているツボです

 ※妊娠初期は三陰交のお灸をしてはいけません

 

〇 至陰(しいん)

 

  

 

足の小指、爪の生え際です(爪から1ミリ以上離れません)

小さなツボです

お灸の乗せ方にコツがあります

来て頂いて実際に練習するのが確実です

 

 〇 三陰交(さんいんこう) 

 

  

 

 足の内くるぶしから指3~4本の所

骨際で押さえると痛い所

やや大きめのツボです 

 

 ◎ 妊娠中の効果

 

・ 安産

・ 逆子治療

・ 逆子予防

・ お腹の張り止め

・ 早産予防

・ 腰痛、お尻の痛み、股関節痛、恥骨痛

・ 便秘

・ 頭痛

・ 夜中、明け方に足がつる

・ 微弱陣痛の予防

 

 

などに対してとても効果があります 

やり方は、逆子治療2~治療編クリック の〔自宅で行うお灸]に書いてあります

 

 

《効かないとき》

 

ツボの場所が間違っている?

至陰のお灸の乗せ方がずれている!…一番多い

至陰のお灸をする数が足りない!…多い

 などが考えられます

 

 

《お灸は効きます》

 

一度正確なやり方を覚えてもらうと、後は自分で出来ます。

自分でやっても効果が出ます。

効果が出にくい人は、週に一度は治療させて頂くと良いと思います

不安な症状が無くなり、安心して毎日過ごせるようになります。

 

 

分らないことは、お電話下さい (^O^) 


逆子を直す~自分で治す?

2012年10月04日(木)7:50 PM

 

パソコンで検索する時に「逆子を直す」で調べましたか?

医療関係者は「逆子を治す」と調べます

この違いが重要です

 

治すには専門知識が必要です

逆子が直らない人は、効果的な方法で治しましょう!

 

 

 

逆子は自分で治せるでしょうか? 

 

 

○まず自分が治りやすいタイプ or 治りにくいタイプクリック か確認

 

  治りにくいタイプ⇒ 鍼灸師に相談

  治りやすいタイプ

   ↓

○お灸をする場所(三陰交、至陰)クリックが分かりますか?

 

  分からない⇒ 鍼灸師に相談

  分かる

   ↓

○お灸が手に入りますか?

 

  分からない⇒ 鍼灸師に相談

  手に入る

   ↓

○三陰交と至陰のお灸を1~2週間毎日やる

 

○三陰交のお灸は1日3回(朝、昼、夕)します

      ・ 熱く感じたらとります

    ガマンして火傷しないように注意!

 

○至陰のお灸は1日4~8回します

   ・正しい位置に行う

    逆子の人は熱く感じないことが多い!

   ・熱くなるまで同じ場所に何個もします

 

    至陰のお灸が熱い人は逆子が治りやすい

    至陰のお灸が熱い人は場所がずれている

     この判断が難しい 

 

 治らない、分からない⇒ 鍼灸師に相談

 

 治った!

   ↓

 治ってもお灸は続ける

 同じやり方でそのまま逆子予防になる

 安産の助けになる

 

○また逆子になってしまった(>_<)

 

 考えられるのは

 お灸をやめてしまった!

 ツボの位置がずれている

 至陰のお灸の量(個数)が少ない

 

 分からなければ⇒ 鍼灸師に相談

 

 

 

○30週を過ぎているなら逆子治療をしてくれる鍼灸師に相談しましょう

 初めから正しくお灸をした方が効果的です

 

 

逆子は直すと言うより

正しい知識で治しましょう (^_^)

分からないことはお尋ね下さい

 

 

 

 

 


妊娠中の腰痛

2012年09月16日(日)1:50 PM

 

寝返りを打つ時に ズキッ!

寝ていて起き上がろうとすると 痛タタタ…(>_<)

痛くて歩けない…

 

お腹が大きくなるにつれ、だんだん痛くなってきたり

ある日突然痛くなったり…

 

・腰からお尻にかけて痛い

・恥骨が痛い

・股関節痛い

 

妊娠中によくある痛みです

 

妊婦さんの腰痛は

1回の治療で3割から5割位痛みが取れ

自宅で毎日お灸を続ければ

1週間位で治ります

 

1度治っても 

お腹が張りやすい人はお腹が大きくなってくると

また痛みが出てきます 

 

足にお灸をすると再び痛くなることも予防できます

具体的なやり方は、    [逆子治療2~治療編]クリック    と同じです

 

腰痛のままお産をすると産後も腰痛が残る人がいます

お産の前に腰痛は治しましょう

 

妊娠中の腰痛は治しやすい!

腰痛を治して安心してお産に臨みましょう (^O^)

 

 

腰痛、便秘、お腹の張り、安産などは、  [妊娠中の悩み]クリック  をご覧ください


あかね医院

2012年08月11日(土)10:15 PM

 

   あかね医院

 

  私が火曜日の午後鍼灸治療をさせて頂いている産婦人科医院です

 

 

  院長先生は女性です

  仕事をしながら子育てもしてみえます 

 

  仕事も子育ても忙しいはずですが

  いつも笑顔の先生です

 

 

 

  やさしく自然体で接してくれます

  医療面ではしっかり支えてくれます

 

  話をするたびに誠実さと芯の強さを感じ

  信頼感と安心感が増してくる

 

  そんな素敵な先生です

 

 

    あかね医院の理念は

 

  ・お母さんと子供にやさしい環境

  ・女性の持つ力を引き出す支援

 

   それを実践している病院だと思います

   お産を自然な形でサポートしてくれます

 

        あかね医院のホームページ

    http://www.akane-clinic.net 

 

 

 


セントレディースクリニック

2012年06月03日(日)6:20 PM

 

● セントレディースクリニック

 

   私が平成6年から鍼灸治療をさせて頂いている産婦人科医院です

   院長の作井久孝先生は医師として人間として信頼し尊敬しています

 

   以前はお産とは事故が無いのが当たり前と思っていました

   全く無知でした

   私たちの気づかない所で

   専門的な知識と技術と睡眠を削ってトラブルを未然に防いでいます

 

   言葉使いが丁寧で優しい先生です

   そして安心できる先生です

 

        我が家の長女も次女も先生にとりあげてもらいました

 

 

 

            セントレディースクリニックのホームページ

        http://www.stladies.or.jp/clinic.html 

 

 

 

 

 

 

わわ 


妊婦さんの散歩

2012年05月25日(金)11:22 PM

 うわっ   体重が増えた!


 どうしよう
がんばって歩かないと
でも続かない…

私も健康のために散歩を続けようとして、何度も挫折しました。
夏は暑い
冬は寒い
雨が降れば中止
一週間もしない内に嫌になって…

ところが3年前からは、毎日7000~8000歩は歩いています。
今も続いています。
  
   
私が妊婦さんに話している方法を紹介します

    
まず万歩計を買う(安い振り子タイプがおすすめ!振るとカラカラ音がする)
        (センサータイプは、少ない動きに反応しない物がある)

 
愛用の万歩計
  
  
そしていろいろ数えてみる

・朝の散歩10分…1,400歩
・掃除(掃除機、雑巾がけ、トイレ)…1,500歩
・仕事…6,000~7,000歩
・夕食の準備、かたづけ(妻)…360歩 ←少なくてビックリ!
・シッヨピングモールをぶらぶら2時間…5,000歩 ←楽しい
・ハイキング2時間半(10km)…12,000歩 ←妊婦さんにはキツイ
 
いろいろ組み合わせて7,000~8,000歩になるようにしてます。
 
たとえば
    「平日」 朝の散歩10分+掃除30分+仕事     
                 少ない日は、仕事の後に大きなスーパーを1時間ぶらぶら
    「休日」 朝の散歩10分+体を動かす予定がなければ
       午前か夕方にシッヨピングモールを2時間ぶらぶら  
  
朝の散歩は

初めは早起きがつらかった
でも
気持ちがいい!
たった10分!
だから続いています
    
シッヨピングモールや大型スーパーは

暑くない!
寒くない!
雨でもOK!
夜でも安全!
ベンチもある…妊婦さんはお腹が張ったらひと休み  
そして楽しい(^O^)

※妊婦さんは、人の少ない時間帯にゆっくり歩くのがおすすめです
 
    
◎散歩のコツ
 
1、万歩計を使って運動量を調べてみる。
2、外歩きの散歩だけでがんばらない。
3、いろいろ組み合わせて、楽しく!気持ち良く!
 
※お腹の張りやすい妊婦さんは張り止めのお灸を自分でしてから出かけます

     
〇おまけ

お腹の中の赤ちゃんの骨の成長に「お母さんが日光にあたること」が大切!?
ニュースで言ってました。
紫外線が強くない朝10分でいいそうです。


« Prev

過去の記事を読む